フルブライト日本同窓会長 文野 千年男 (Bunno, Chitoo)

HP用.JPG同窓生の皆様には、ご健勝にてご活躍・お過ごしのこととお喜び申し上げます。平素は同窓会の運営・活動につきまして格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

1. フルブライト日本同窓会の目的
フルブライト日本同窓会は「会員相互の親睦をはかり、会員の経験、情報をもとに、より一層の啓発をはかり、日米親善、及び相互理解を増進する」(会則第3条)ことを目的として、事業としては①会員相互の交流、親睦を深める活動、②フルブライトグランティーのための募金活動、③フルブライトグランティーへの指導、援助、④その他、日米相互理解を深めるための活動及び役員会で必要と認めた事業、を掲げております。(会則第6条)

2. フルブライト同窓生の活躍
フルブライト同窓生の総数は1952年以降の交換留学制度発足以降の留学生(8,000名強)、に1949年~52年までのガリオア・プログラム留学生を合わせると9,000名にのぼり日本へのフルブライター2,700名を含めると11,700名にのぼります。
同窓生はノーベル賞受賞者6名を含め、留学を通じて培った貴重な経験を活かし、多岐の分野にわたり、それぞれの分野で各界をリードしつつ、大きく社会に貢献されており、日本における留学制度としては、まさに屈指の歴史と輝かしい伝統を誇る存在であるかと思われます。

3. フルブライト日本同窓会の歴史
同窓会の歴史は1982年にフルブライト・プログラム30周年記念事業の一環として全国主要地区に地区同窓会を立ち上げて以来、2012年の60周年を経て同窓生の高齢化、活動情報の共有等の課題に対応し、地区同窓会の自主性は尊重しつつも全体としての同窓会活動のさらなる活性化を図るため、東京フルブライト・アソシエーションとガリオア・フルブライト同窓会全国理事会を一体化した新組織「フルブライト日本同窓会」が2013年7月に発足して今日に至っております。

4. 同窓会の具体的活動
同窓会の具体的活動としては、東京に事務局を設置してニューズレターや同窓生名簿の発行、総会・講演会・セミナーの開催、日米交流ゴルフ大会の開催などを通じた留学生支援活動など様々な啓発・交流・親睦・親善活動を行っています。

5. 今後の課題とお願い
現在、物故者を除く同窓生約7,000人のうち会員登録者はその約30%の2,100名、会費納入協力者はさらにその約30%の600名程度(含む終身会員)となっており、若手同窓生の減少、同窓生の高齢化傾向をもふまえると、今後の課題としては、活動内容の工夫と若手会員や会費収入の増強が肝要であると考えます。今後は広く地方在住者、若手同窓生の会員登録、会費納入者の増加と活動への積極的参加を勧奨して、同窓会全体のさらなる活性化、発展につなげてまいりたいと存じます。
同窓生の皆様には、このような課題に対応すべく、同窓会活動への一層のご理解、ご支援、ご協力をお願いいたしますとともに活動への積極的参加をよろしくお願い申し上げます。

平成28年7月吉日
文野 千年男(1968~69年、Columbia University留学、MA)