フルブライト日本同窓会会則

フルブライト日本同窓会会則

●第1章  総則

【名称】
第1条 本会は、フルブライト日本同窓会と称し、英文をFulbright Alumni Association of Japanと称する。

【事務所】
第2条 本会は、事務所を東京に置く。

【目的】
第3条 本会は、会員相互の親睦をはかり、会員の経験、情報をもとに、より一層の啓発をはかり、日米親善および相互理解を増進することを目的とする。

【会員】
第4条 本会の会員は、正会員と賛助会員とする。
第5条
1.正会員:ガリオア・フルブライト奨学金のグランティー
2.賛助会員:本会の目的に賛同し、役員会の承認を得た者

●第2章 事業

【活動】
第6条 本会は次の事業を行う
1.会員相互の交流、親睦を深めるための活動
2.フルブライトグランティーのための募金活動
3.フルブライトグランティーへの指導、援助
4.その他、日米相互理解を深めるための活動、および役員会で必要と認めた事業

●第3章 総会

【総会】
第7条 総会は毎年1回、臨時総会は必要のつど会長が招集する。
第8条 総会では次の事項を行う。
1.事業報告、収支予算、決算の承認
2.役員の選任
3.その他本会運営のための重要事項の議決
第9条 議決は出席会員の過半数をもって成立する。

●第4章 役員、顧問および職員

【役員】
第10条 本会には、会長1名、副会長若干名、委員若干名、監査役を置く。
第11条 任期は2年とし、原則役員の再選は妨げない。但し、会長と監査役の再選回数は、継続して2回を 超えないものとする。

【顧問】
第12条
1.本会に顧問を置くことができる。
2.顧問は、本会に功労のあった者のうちから役員会の議を経て会長が委嘱する。
3.顧問は、本会の運営に関して会長の諮問に応じる。

【職員】
第13条
1.本会の事務を処理するために、必要な職員を置く。
2.職員は、会長が任免する。
3.職員は、有給とする。

●第5章 会計

【会計】
第14条 本会の運営資金は、会費および寄付その他の収入をもって、これにあてる。
第15条 正会員および賛助会員の年会費は3,000円とする。但し、日本人グランティーとしてアメリカに滞在している者ならびにアメリカ人グランティーとして日本に滞在中の者の年会費は免除する。

2. 満55歳以上の会員については、終身会員として50,000円を年会費に代えて支払うことをができる。

【会計年度】
第16条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

                                        2013年7月6日制定